WEB求人|現場で生きる、Excel関数講座 ~第5回 COUNTIF関数編~


Excel関数講座では、現場で役に立つExcel関数・スキルをご紹介していきます。
初心者の方に向けた簡易な内容から、集計職人の方に向けた隠れ名テクニックまで幅広く取り上げます。

第5回 COUNTIF関数編

お久しぶりです。
こんにちは。

第5回の今日は、
COUNTIF関数について、ご紹介します。

COUNTIF関数は、
関数界のスーパースターです。

「ある範囲」に
「ある文字」が
いくつあるかをカウントする関数です。

営業の実績管理、メーカーの在庫管理、経費精算管理…
Excel管理表の中で、特定のステータスであるデータが
いくつあるかを表示させるのに使用します。

実際に関数を組んでみよう!

Excel管理表(営業担当配属表)の中で、
特定のステータス(1課)であるデータが
いくつあるかを表示させてみます。


=COUNTIF($E$3:$E$11,A3)
と書いたセルに、「$E$3:$E$11」の範囲の中に、「A3」に書いてある文字がいくつあるかが返されます。

その結果…

COUNTIF関数を書いたB3セルに「4」が表示されました。



B3セルをコピーして
下へ、B6セルまでペーストすると
「2課」「3課」「4課」の個数もそれぞれ返されます。

\マウス不要の神業テク/

今日の神業テク!

COUNTIF関数は、コピペとのコンボでその真価を発揮します。
「コピペしたら、指定してる範囲も一緒にズレるんじゃあ…?」

その問題を解決してくれるのが、絶対参照
セル範囲の頭に「$」を付けますよね。
これ、[F4]キーを押すと一発で付けられるんです!

「E3:E11」
 ↓
$E$3:$E$11」

これでまた1つ、マウスから遠ざかりましたね。



関数職人のあいだでは、COUNTIF関数は中級関数。
COUNTIF関数ができることが、関数中級のバロメーター。
これで諸君も関数中級者である。

お仕事情報

Excelスキルを使用するお仕事情報はこちら
上記の他にもさまざまなお仕事をご紹介します♪
あとらす二十一への派遣登録はこちらから
あなたに合ったお仕事を毎週メールでお届けします♪
WEB求人会員登録はこちら