WEB求人|現場で生きる、Excel関数講座 ~第2回 AVERAGE関数編~


Excel関数講座では、現場で役に立つExcel関数・スキルをご紹介していきます。
初心者の方に向けた簡易な内容から、集計職人の方に向けた隠れ名テクニックまで幅広く取り上げます。

第2回 AVERAGE関数編

こんにちは。

今日は第2回ということで、
AVERAGE関数について、ご紹介します。

だいたいのサイトでも第2回はAVERAGE関数を取り上げますね。
利用機会は多くありませんが、関数の基本構造を理解する後押しになります。

そもそもAVERAGEって、何でしょうか。
「俺のボーリングのアベレージスコアは180だぜ」
みたいな使い方でわかるように
直訳すると“平均”です。

複数の数字の平均値を求める関数です。
A1セル〜B3セルの数字の平均値をB4セルに表示する、場合

=AVERAGE(A1:B3)

と書きます。

さらにちょっと応用

A1、B2、A3セルの数字の平均は

=AVERAGE(A1,B2,A3)

です。

\マウス不要の神業テク/

第2回目にして早くも…

今回はとくにありません。


AVERAGE関数はあまり使わない関数。
「とりあえず知っとかなきゃ」的に覚えるべし。

お仕事情報

Excelスキルを使用するお仕事情報はこちら
上記の他にもさまざまなお仕事をご紹介します♪
あとらす二十一への派遣登録はこちらから
あなたに合ったお仕事を毎週メールでお届けします♪
WEB求人会員登録はこちら